心魂美艶 (こだわり)

「クルマがきれいだと、日常が輝く」

このことを追求して我々の日常があると確信します

キレイなクルマで1日をスタートして気持ちよく過ごすことや、リラックスした気分

などの譲り合い運転などで、オーナー様が元気に生活されることを祈ります

「イリオスのおやじん」がコーティングについて、分りやすく説明しました!

のつもりでしたが、いつのまにか業界動向や専門的裏話まで、、、

まぁ、お時間の許す限り「楽しんで読んで」みてくださいね!

コーティングって何よぉ??

最近、ガソリンスタンドやディーラーさんなどで頻繁に「コーティング」しておいたほうが

良いですよという声を聞きますが、本当はどうなの?という疑問にお答えしますね

さらにコーティングという分かりにくい商品の実態を、少しでも理解いただきたいので

いろんなお客様を想定して、ノウハウを露見しますのでいろんな判断にご活用ください

まずは初心者編として

貴方の大切な愛車を預けて施工するわけですから

1  親切で分かりやすい説明はあるか

2  明快な料金体系であるか

3  整理整頓された環境で作業されているか

4  雰囲気が良くてなんとなく、安心と信頼のお店なのか

5  話すととてもこだわりを感じるスタッフであるか、など

これぐらいは判断してからの施工となりますが、ちょっと待って!

よく分からない作業を依頼するわけですから「分からないところ」

をまず聞いて勉強しましょうね

で、最初はメールとか電話で

少し詳しく聞いてみよう (質問の仕方をこっそり!)

「コーティングって長持ちするの?」

はい!バツグンにとか、5年間以上持ちます!

このような即答ではちょっとNGですね ぇ、、

コーティングって、そんなに長持ちはしないですから、それよりメンテナンス

などアフターケア商品と作業の説明がしっかりされているお店が良いですね

保障の5年と耐久性能の5年とは意味が違ったりしますよ

以下の内容をしっかりチェックすれば大丈夫ですよ

まず この先ながいお付き合いが出来る(倒産しない?笑)明るい(照明も暗く

ては磨けないよぉー!)工場やお店で しかも接客の良いキチンとしたお店がいいですね

イリオスグループはおやじん(ボクのことです)がちと怖そうですが、あとは皆イケメン

(関係ないけどね)の親切スタッフ勢ぞろい、しかも知識と実績が半端じゃないので

とても安心(自分で言うけど:笑)  なかには2000台も施工しているツワモノも在籍

しております!! (ボクより多く磨いています!!)

看板など無くてもこの腕で!というお店と職人さんもいますが、いちおうアイドマの法則

にもあるように「PRは自信の表れ」だといいますから、お店の全体をくまなくチェックして

くださいね

お店の清掃や整理も出来ていないのに

「くるまのキレイ」を追及できるとは判断しにくいですよね

(トイレの清掃具合を見るのが一番分かりやすいでしょうか)

チェックポイント

1 お店の清掃具合

2 照明機器など環境

3 商材の説明などの知識

4 アフターサポート体制

次に (ここからかなり長いですけど、、、)

○年保障! という事について

保障という事はとても良い事ですが「何をどのように保障」なのかをキチンと聞きましょう

コーティングの機能(酸化劣化しない、水はじき、光沢、洗車傷が入らない)そのものを、5年

など長期にわたり保障されない場合がほとんどで、保険の担保補償だったりします

あまり言葉の保障にこだわらず視点を変えて「きれい具合」がどこまでかなど、効果の継続を、

環境やご自分の手入れ具合をぶつけてから聞いて見ましょう

むしろ、施工後のことや洗車の方法などを詳しく教えていただけるか、その後の傷の手当てに

ついてのアドバイスが適切に行われるシステムになっているかが大事ですね

おいしい食事をしたいなぁ!と旅先でレストランを探す時は自然に「お店の雰囲気」や、

きれいなお店を基準に探すのと同じだと考えてください

「おいしさを保障しますよ」という看板はかえって避けるんじゃないでしょうか?

これはあくまでも主観です!

どこかを非難したり中傷したりするつもりはございませんのであしからず、、、

それと、ココからとても面白くなるのですが長いので、ちょっと休憩

いよいよ  お待ちかねの

中級・上級者編

専門用語をできるだけ排除して作りましたが興味のない方は遠慮ください

塗装保護のメカニズムや業界裏話まで満載!!

しかも、海外にまで掃除の哲学を持ち込んで、飛び回るイリオスグループ代表の

わがままおやじんとしての主観がさらに爆発の超おもしろ話です!

コーティングとは

コーティングとは一言で言うなら「塗装の保護」のこと、つまりクルマの塗装が痛まない

ように表面や塗装内部に特殊な保護の膜(コート)を形成すること

コーティング種別 (多くて分別できませんが)

きちんと内容物で分別は出来ないのが現状です

おおまかに樹脂系 ガラス系に大別されている

小分類は誤解をまねくおそれがあるが、

フッ素配合、フッ化エチレン配合の樹脂でフッ素系もしくは

テフロン系など添加物での分類

レジンなど硬化促進物質配合のレジン系(添加剤)

シロキサン樹脂やシリカ、シラン配合のガラス系などに分類

このガラス系が実はとても、ややこしい分類だったりします

なかには珪素(土のようなもの:地球上の物質の8割は珪素)が

入っていて、無機質の硬いガラス系などと謳うつわものメーカーもあります

けど、板ガラスって無機質じゃないのに、、、 (つぶやきです)

いつのまにか無機!ガラス!とイメージが先行していますね

日本人って「イメージ」に弱いのよね

欧米人は連呼に弱いというデータで「TVショッピング」が成り立っているって

知ってた?

クルマのボンネットに火をつけるアノ!WAX商品は15分になんと120回も

商品名を連呼!?? しかもヨーロッパでは塗装品質にはすごいこだわるけど

ガラス系(シリカ、シラン、シロキサン系)のコーティングはヒットしていません

蛇足ですが、イリオスもおやじんのクルマに火をつけて、しかもTV撮影用

に張り切って長く燃やし続けてボンネットがへこみました(笑)

もちろん気分もへこみました(はいっ!)

イリオスでは、樹脂系はフッ素量とヒーター乾燥のバランスと

ガラス系では、シラン(石英物質)やシリカなどの含有率その

ものにこだわります

純セラミックやシランなどは塗装分子を丸く保護するように

ナノ結合する種類もあるんだそうです!(見たいけど、、)

ミクロを超えて完全にナノ世界です

横道 それ蔵(?)

雑学  1ミリは 1,000ミクロンです

塗装膜は平均100μですから

あっ? なんと0,1ミリ(怖ぁー!)

1ミクロンは 1,000ナノ

TVCMで「東レがなんちゃらかんちゃら!

ナノテクっ!」って子供が叫んでるよ

とても薄い塗装のさらに上のほうのクリア層で、研磨して

キレイにみせる技術って、じつはとてもすごい技術なんです

いつか、僕たちの技術がNHKの「プロフェッショナル」の

茂木さんの取材なんか受ける日が来るといいなぁ、、と

塗装が痛むのは劣化と酸化

塗装が古くなれば「つや」や「輝き」がうせてがさがさになりますよね

チョーキングなんて塗装専門店さんなどが説明しているのは、退色

といって おおきな劣化ダメージのことなんです

劣化要因 (悪くなる原因)

雨中成分による痛み(酸性雨、その他酸化物質) 紫外線劣化

洗車ケアなどの擦り傷 水滴のレンズ効果によるスポット損傷

さらに鳥糞付着 樹脂水滴 黄砂 冬季の凍結防止剤など

痛みの原因はいっぱいあります

貴方の愛車が外で駐車だとすると、このような「敵」とがんばって

戦っているんですよ!あなたがお風呂で「うーん!」って言ってる

この時間も、なんか愛しくなるねぇ、、はいっ

劣化の完全阻止について

100%劣化を防止することは不可能です

常に大気や風雨にさらされる車を、できるだけ簡単に日常のお手入れ

(洗車程度)で、いつも気持ちよくキレイにお乗りいただく事がコーティングです

コーティング商材、磨き技術、環境設備、アフターフォロー体制

こだわりのショップは上記に妥協していませんね

これらがすべて完全であっても1施工で長期間の完全劣化防止は

不可能に近い大変な状況であることは間違いありません

特に日本海側は通年の酸性雨と冬季の凍結防止剤により車にとっては、

これ以上無い劣悪環境といっても過言ではありません

最初にふれましたようにコーティング後のメンテナンス

がとても重要なんです(あとでこのメンテナンスを記述)

保証という日本語

○年保証という気持ちの良い言葉ではありますが、実際にキチンと効果や劣化阻止を

洗車だけで保ち、光沢が完全に保証されることは、ほとんどありません

なかには光沢を保証して「再加工」を行っているお店もあるようですが、

もちろん保険機構への申請保証(保険保証)は悪い事ではありませんが、ユーザーさま

にあまりにも「まよい」を与えるような保証というサービス語としての表記には、真剣に施工

を行っている専門店としては困ってしまうのが現実です。

保証より強いアフターサービスがなかなか説明できないからですが、最近は少しずつ

「保証コーティング」もあまり耐久性能としての保証クレームが減少している(保証を裁判

に取り上げられたビックメーカーさんの狙いのとおりか?)実情のように、実際的な体感

できる耐久性についての説明で納得いただけるユーザー様も増加しております

イリオスの保証について

全商品の満足を保証するという基本姿勢をもっています

具体的には通常のボディケアや取り扱いにおいて、お客様が不満に

感ずるような劣化は、期間中にいつでもキチンと施工しなおし、何度も

不満を頂くような状況下では、施工代金をも返金する姿勢をつらぬきます

むしろコチラが大事です

サポート体制(アフターケアも重要です)

コーティング後も定期的なケア(メンテナンス)によって効果の衰えを防止し、

塗装状態のチェックを行ないながら「良い状態」の継続をサポートすることが

大切です

メンテナンスなしで「売りっぱなし」のお店はどんどん減少していますが、

儲けのみを意識しているようなお店にはちょっと注意です

ノーメンテナンスで長期保障などは不可能と思われるが、そのような製品が良い

と判断されるメーカーのキャッチコピーが多く、web上でも記述的に似たような

表現が多いので注意しましょう

「10年間耐久の○○コーティング!」とか

「永久に劣化しない究極の○○!!」とかです

専門的な立場の私たちもこれには困惑しています

運がよければ洗車だけできれいを持続できますが、時々は

チェックしましょう!とは表現しにくいのでしょうか?

ミリオネアと呼ばれるガレージ保管のスーパーカーや、メルセデスやBMWの

チューニングカーなどは、走行の頻度も低く、時には「雨天未使用」だったりして

そのような使用環境下では、おそらく長期耐久も可能ですけど、走行スピードが

ハンパじゃなく高いでしょうから「昆虫などの走行激突物」などによって、やはり

バンパーやフード先端は必ず劣化しますし、洗車の回数が低ければ洗車の傷も

少ないでしょうけど、永久にとはいかないですよね!

タイのバンコクにCTSというコーティングショップがあって、ボクが4年前

から、商品提供とプロモーションのお手伝いをさせていただいていますが

バンコクアッパー層のたまり場的なそのショップはミリオネアの大集合!

連日、スーパーカーが持ち込まれていますが、雨季でもほとんど雨シミ

やデポジットはみられません、その分フロント周りはかなりハードなダメ

ージで、痛んでいます、海外情報のコーナーを参照してね

磨きとコーティングは別

きれいな状態という部分で磨き作業とコーティングが混同されている場合が

あるが、ダメージ修復が研磨作業であり、極端に塗膜を研いで平滑にする

「鏡面加工」は、あまりおすすめできません

理由は、過度に標準の塗装膜を研磨しすぎると塗装が弱くなるからです

せっかく保護をするわけですから塗装そのものを弱くすることは多くの

経験から考えても、よくありません

コーティングは前記したようにあくまでも保護加工です

つまり塗装を強くしたいので

磨きについて少し聞いてください

磨きの中の分類

研磨 : 小傷磨きやダメージの修復は外科手術と同じです、垢すりのような感覚

で捕らえられていますが、ペーパーあてや1000番以上の番手の研磨は、

相当に塗装を削り取ってしまうため、しっかりと保護加工(コーティング)し、さらに

頻繁にケアしないとかえって悪くなることもあります

極端に退色した塗装などが、きれいに磨いて一旦新車のような塗装表面に回復

しても、半年程度でまた元に戻ってしまう劣化がこれに当たります

塑性研磨技術 : 塗装の膜厚を余り極端に削り落とす事をしないで塗装の表面を溶かし、

さらに塗装膜の塑性を利用した研磨技法によりダメージ傷を部分的に無塗装で

修復する技法です

この場合は研磨機械もギアー式だったり、逆回転を使用したりと特殊な研磨に

なります

肌調整 : 新車の電着塗装の塗装シボや、ライン組上げ時の少ダメージを磨き加工で

整えて、新車以上の「見た目の艶」を作り上げさらに、塗装肌の平滑向上に

留意する作業がこれにあたるが、この作業をコート剤の埋まる成分を利用する

場合もあり、この工程から保護作用と磨き作業が混同した処置となり、併用

技術と商材が活躍します

時にはコーティング剤を一旦塗りこんで、定着後に研磨を開始して肌を

整える方法もありますし、塗装シボも完全に磨き取らないで「つや感」を

出すような場合もあります

ベテランの塗装技術者が「ゆずで塗る」というようなことを表現しています

が、新車のライン塗装に近い電着シボを再現する修復の塗装のことです

ですから新車でも磨きという作業は必要になるわけです

つまりコーティングの技術は商材の理解と適宜な使用

さらに塗装の表面の平滑化とすべり感の作りこみ技術

継続的なチェックによる保護効果の継続と手当ての融合です

研磨磨き要約

削るイメージが大きい作業ですが、磨く、溶かす、埋めるなどの要素を塗装の個体差に

より、またダメージにより判断して作り上げた、きれいな表面つくりの作業でとても重要

な工程です

塗装について

塗装には自動車メーカーで最適な塗膜厚さでの基準があるようで、種々の塗装厚さが

存在します  コンパウンド研磨を過度に行い削り取るような研磨は、その本来の塗装

のもつ耐久寿命をも短くしてしまう恐れがあります

一般的な塗装厚さ

クルマの基本的な   塗装膜厚  ソリッドカラー  90~100μ

従来のメタリック         100~150μ

3コートパール          120~170μ

特殊な塗装

ナノクリア塗装(セラミックス混入の高分子クリア塗装)

欧州車などの新型車両に多い        90~120μ

硬い塗膜で薄く塗装されている事が多く傷は入りにくいが入った傷は

研磨でも消えにくい傾向にある

耐擦り傷防止クリア(トヨタ車の一部)

特殊なクリア塗装で、傷予防に効果が高い反面修復時に難易度高い

○ガードクリア(日産の一部車種)

特殊な軟化剤配合のクリアを使用し、小さなスクラッチ傷が自然に復元する

という塗装

作業ポリシー

照明環境

遮蔽構造で、外部の明るさを確保できる照明機器や屋内で洗車できる環境で

あることはもちろん床面や壁面からの、ちり埃をき込まない整理された作業環境

での取り扱いが大事

蛍光灯のほか、水銀灯やハロゲンライト、HID球ライトなどを天井や壁面から照射

当社では5種類の照明(蛍光灯、DL、水銀灯、メタルハライド、ハロゲンなど)を個別

回路で点灯と消灯を繰り返ししながら作業をおこない特殊照明下での施行を行って

います

太陽光ではきれいなクルマでも、ピット内でさらに細かな線傷なども露出して確認のうえ、

究極に磨きあげますし、不用意な研磨で大切な愛車の塗膜を損傷することの無い

作業環境をそろえています

水のこだわり

洗車の際も不純物を多く含む水道水は、洗車アトを残したり「水たれのデポジット」の

原因となったりします

できれば浄化装置および、イオン処理された純粋での洗車がのぞましいですし、洗車

後のふきあげも、エアーブロアーなどを活用し、タオルのふきあげで起こりうる摩擦傷を

少なくする事で、線傷防止にも配慮します

専門店は、近年は洗車のための「真水装置」が主流です

1 逆浸透膜ろ過装置による純粋化

2 イオン生成機器によるろ過装置

3 弱アルカリ生成器を通した機械

4 クラスターを変化させた活性水機器

5 電解による金属質溶融タイプの機器

6 抗酸化物質を濾過後に混入する活性機

もっと多くの種類がありますが、イリオス金沢では洗浄は4番のクラスター

変換による抗酸化活水機と、6番の抗酸化阻止水を使用した水で洗車し、

コート後は5番のセラミック溶融タイプのスプレー機器を使用します

クラスターを極限まで小さくし比重をあげた水は最近はスーパーなどに設置してあり

「高品位飲料水」としてお金をだして購入していますが、オキナワなどの上水道環境の

施設設置難易度の高い地域では従来からそのようなスタイルでした

蛇足ですが「イリオスの活水機」は知ってる人が、ポリタンクで汲んでいきます

今のところ料金は頂いておりませんが「とてもおいしー水」として近所で評判です

クルマをキレイに磨く

ウイーンと磨くアレですね!

研磨処理 研磨処理は熟練者でも膜厚計などの機器を利用し、むやみに研磨して塗装

そのものの耐久性を低下させることの無いように留意します

チョーキング(完全劣化)などは極力ダメージ塗装のみを研磨して

最低の塗装膜厚を確保しながらの「塑性研磨技術」での作業をするなど、あくま

でも下地磨きです

ですから、新車も既販売車両も同じ工程で研磨することはありませんし、車両状態

によって研磨処理が必要な場合の「磨き」です

磨き塗装肌作り この作業が重要で、不用意に塗装肌を壊すことなく「つや」を出す特殊磨き

の作業で「見た目のつや」を作りコーティング剤の定着を向上させる工程です

いろんな機材を駆使しますが、専門店ではギアアクションと呼ばれる変則軌道

のポリッシャーを使用することが基本とされています

Wアクションや特殊ギアアクションサンダーポリッシャーは機材の名称であり、

この機材の磨きが「名人わざ」というような事が言われてますが、シングル

ポリッシャーのみでも究極に磨き上げる(仕上げる)達人もおられますし、技術

とか腕という事で機材をどうこうと判断はできないのが実情です

ただ、1方向に回転するシングルポリッシャーの回転傷が経年変化で露見する

場合もあり、変則回転の機械軌道が塗装にはやさしいともいえます

機械メーカーの推奨で   この機会はバフ目がでません!

オーロラ傷がでません!  などと販売されていますが

そのような作業の容易性能を謳うよりも塗装にどのように、やさしいのかを

キチンと検証し提案してほしいと思います

伝えたいのはこちら!

当社では、車種(塗装品質)塗装膜状態やボディカラーなどにより、使い分けて

仕上げています

さらに研磨による塗装にあたえる「ねじれ」の損傷を防止するために、回転方向

(バフがポリッシャーで通常は右回転で一定方向に塗装面をすりながら磨いて

いく)も左右を交互に取り入れた究極の逆回転変則軌道の研磨機器などを使用し、

クルマにやさしい磨きを心がけます

当然に「バフ目」や「オーロラマーク」などギラツキや、シリコン成分などによる過剰

な傷埋めなどは、行わないで塗装本来の状態を大切にする工程を磨き処理とし

ています

この作業が一番「いいわけ」の多い工程であり、一部の施工店や販売元などが

「一発仕上げ」とかバフ目の出ない究極の研磨などとイージーな施工を謳って

いますが、ここは一番のこだわりの施工です

お店検索のポイント

設備環境が揃うスタッフの清潔なお店

きちんとした説明と知識

アフター作業のメニュー化の表記が分かりやすいお店

そして、あなたが好きと感じるお店でしょうか

コーティングのパーツ別作業の考え方

マイスターはパーツごとに最適の添加や共重合のコート剤を使用し

目的別の保護加工を行います

ボディ   従来のコーティングの基本車体全体

樹脂モール(黒のなし地など)専用コート

エンジンカバーやホイールハウスカバーなどPPパーツ

アルミホィールコート

エンジンブロック、ミッションなどパワートレーン

耐熱ガラスコート

足回り専用コート

サスペンション、マフラー、キャリパーなどの専用耐熱保護

車内   室内本革シート保護コート

全体の抗菌防臭コート

ガラス  セラミックフッ素コート

その他  オートバイ専用シリカコート

ビックスクーター用ガラス系コート

船舶、ジェットスキー等 防錆シリカコート

管理記録  新車、既販売を問わず、すべてのクルマの外観や、傷、さらに問題がある

場合には、塗装膜厚などを記録し、経過時にカルテとして記入し、常に状態の

チェックを行なう、特にメンテナンス時には、以後の経過による付着物質や洗車傷

なども個別に記録し、ユーザーさまにも提示確認を行うなど配慮することが大事

ですね

顧客管理  お客さんを管理するのでは無く、クルマのきれいな状態を管理すると、「気持ち

よい」という究極のサービスが完成する訳で、その気持ちから安全運転やゆとり、

譲り合いのマナーアップが生まれると考えます

当然、大切に乗られるからハードのメンテナンスもしっかりして(オイル交換

や、整備面)、もっと気持ちよくという欲求につながると考える、これが「マイス

タースペシャル」の、こだわりぬいたボディメンテナンスであり、我々専門店の

ビジョンです

生涯顧客としてのお付き合い

コーティングからメンテナンス、洗車までをトータルな施工ととらえて、それぞれに明解な

メニューや料金体系をシステム化した、このマイスターメニューのこだわりは、常に進化し

続け時代をリードするカーメンテナンスの本質だと認識しております。

最後に

とてもしつこい「うんちく」で、恐縮ですが、このような気持ちをこめて

毎日仕事に励んでおります

となみに「掃除の哲学」といいますか、構内の清掃と整理の手法は海外

でも、評価をいただきましてタイ国や中国でも取材をいただき「日本式の

掃除の心」といえる「心魂美艶」の言葉ともに伝承しています

韓国ではイリオスのFC契約をいただき8店舗が盛業を期しています

これからも独りよがりといわれようが、クルマと心の美を追求してまいり

たいと思います

こんな私のちょっとしつこいこだわりを最後まで読んでいただきありがとうございました



Copyright © 2017 おやじんの日記 All rights reserved. Theme by Laptop Geek.