DAIHATSU TANTO 硬質アクリルWコート+防錆+フィルム

コーティング, コーティング

こんにちは。去年に続いて今年も全員で沖縄に行くことが決まりました。同じ日本でも気温も違うし、やっぱり広いなと思いました。

まだ私は北海道に行ったことがないのでいつかは行ってみたいと思っています。

 

今日はDAIHATSU TANTO 硬質アクリルWコート+防錆+フィルム施工を紹介します。

前のTANTOより男らしくなりましたね。

防錆は一番最初に施工してあります。

次はフィルムです。

このように近くで見ない限り中が見えません。

最後にコーティング施工に入ります。

一般の家庭でも洗浄機を使うことがあると思いますが、この洗浄機はただ水圧が高いだけがいいものだとはいえません。

水圧をよくPSIと表記します。PSIはPoundperSquareInchの頭文字からきた用語です。洗浄力は水圧+出る水の量で決まります。

一分あたり出る量を数値化したのがGPM(GallonsPerMinute)です。業界ではこの洗浄力の単位をCU(CleaningUnits)とあらわします。

CU=PSI*GPM(高圧水洗浄力=水圧*一分あたり出る水の量)を考えて洗浄機を購入する時は参考にして下さい。 :mrgreen:

 

脱脂シャンプーで一次脱脂をします。

 

水切りを行います。後から作業するときに隙間から水が出るのが嫌なので、隅々まで飛ばします。

 

チェックをした後、マスキングに入ります。

写真には写ってませんが、上面に少しシミがあったので、軽く磨きました。

 

脱脂剤を使って油分を取っていきます。

 

1種類目のアクリルコート剤(Resin)を塗りこみます。こちらは時間をおいて2回繰り返します。

一晩たった次の日に2種類目のアクリルコート剤を塗りこみます。

 

半分ずつ塗りこんでるのが解りますでしょうか?

 

 

 

これで全ての施工が終わりました。

こちらは今日入ってきた1999年式のホンダS2000を一部磨いた写真です。今度時間がありましたらまた載せますのでよろしくお願いします。^^

本日も御覧頂き、ありがとうございます。

 


This post is password protected. Enter the password to view comments.